« “George Fest”がお気に入り | Main | Apple MusicでThe Beatles Anthology配信開始 »

TOEIC公式問題集(新形式問題対応編)をやってみた

どうせ受験するなら早い目に新形式に慣れようということで5/29の試験に申し込んだ。
今回は短期集中で勉強すべく、本家の公式問題集を集中的に使うことにした。問題集を2回繰り返して解いての感想など。

・Part 1&2は問題数が減ったので、あっという間に終わった。難易度は変わらず。
・Part 3の新形式である3人での会話は読めば簡単だが聞くと慣れていないのでパニクってしまう。3人の会話は1問しか出ないが3人が話す順番もいろいろあるので、これは早く慣れるしかないと思う。
・また図入りの問題も図を見ているうちに会話が終わって、どこで図の話が出てくるか聞き逃しやすい。これも慣れるしかないだろう。
・Part 3は問題数が増えて結構疲れた。Part 4はPart 3と同じ感じ。
・Part 5も問題数が減ったのであっという間に終わった。難易度は変わらず。
・Part 6は問題が4問増えて、更には単語ではなく文章を選択するパターンが新しく出てきたので、今までのように空欄の部分だけ読んで解くというのができず、問題文を全部読まないといけなくなった。これも負荷が高い。
・Part 7は3文書を解くパターンが新しく出てきたが、これだけでなく全体的に読む分量が増えたので負荷が高く非常に疲れる。

全体的に今までのようなTOEIC特有のテクニックで解くというのは難しく、本当に実力をつけないと解けない感じになった。でも内容(文章)は実践的になって面白くなったとは思う。
試験まであと2か月弱、集中して頑張ろうと思う。


|

« “George Fest”がお気に入り | Main | Apple MusicでThe Beatles Anthology配信開始 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/63435159

Listed below are links to weblogs that reference TOEIC公式問題集(新形式問題対応編)をやってみた:

« “George Fest”がお気に入り | Main | Apple MusicでThe Beatles Anthology配信開始 »