« レコード・コレクターズ 2011/07号 | Main | Max 6 アナウンス »

ランニングで動悸、その後

動悸でマラソン練習中断中
マラソン練習、その後

ランニングで動悸に悩ませられる状況についてその後いろいろ試してみたが、ふと思い立ってできるだけ鼻呼吸を心がけたら動悸もなくなりだいぶ復活してきた。
昨年は耐久力をつけるために夏にハーフを走り込んでいたが、どうも暑さとハーフという距離が原因で、無意識に口呼吸をメインにするようになっていたようだ。

今から思えばそんなことかという感じだが、本当にここ半年近く悩まされてだいぶ回り道をしてしまった。今後は秋の淀川マラソンと来春の京都マラソンに向けて練習したい。

ところで今まではiPod nanoとNike+ iPod Sports kitで音楽を聴きながら計測していたが、iPod nanoの電池がだいぶへたってきたこともあり、iPhoneとNike+ GPSの組み合わせを使うようになった。 自分のiPhone 3Gは動作対象外だが、音楽を聴きながらGPSで計測してNike+と同期するという用途では特に問題なく使えている。

ちなみに今までのNike+ iPod Sports kitではいつものコースの距離が12kmだったが、Nike+ GPSでは11kmと約1km短く計測される。どうも途中のカーブの所が直線距離で計測されて短くなるようだ。手で距離を修正して同期することもできるが、そんなに敏感にならずにGPSを使っていきたいと思う。

|

« レコード・コレクターズ 2011/07号 | Main | Max 6 アナウンス »

Comments

諸般の事情で(?) iPhone 3Gから4に機種変更した。
するとNike+ GPSの計測距離が3Gの時より0.5km長くなった。
恐らく途中のカーブの所の精度が上がったためと思われる。
Nike+ GPSの起動や計測開始も3Gと比べて圧倒的に快適に動作するようになったので、3Gは動作はするが快適には使えないという意味で動作対象外だったのだろう。

Posted by: brownsugar | 2011.09.03 at 07:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/52167163

Listed below are links to weblogs that reference ランニングで動悸、その後:

« レコード・コレクターズ 2011/07号 | Main | Max 6 アナウンス »