« 『冬の夢』/ フィッツジェラルド作、村上春樹訳 | Main | Wolfram Alpha for iPhoneの感想 »

『やればできる』/ 勝間和代

勝間さんの新刊であるやればできるを読んだ。

・勝間さんと言うと勉強法、時間投資法、知的生産術までは結構目から鱗状態で読んでいたが、その後はあまりにも多く著作が出た事や本カバーに必ず掲載される顔写真に嫌悪感が出てしまい、読まず嫌い状態になっていた。今回も全く期待せずに発売日に立ち読みした所、今までとは違う切り口で興味を引いた事もあり、珍しく即購入した。
・今回の『やればできる』というタイトルは、当たり前すぎて内容と合っていないと思う。やればできるのはみんな分かっていて、じゃあどうすればやれるのか、できるのかという所に興味があるはず。せめて『みんなと一緒にやれば、自分もみんなもできる』というのが今回の地タイトルにふさわしいと思う(もちろんこれはベタすぎるので、もう少し考えないといけないが)。
・最近の勝間さんの行動を見ていると、言葉は悪いが調子に乗りすぎという感じを受けていたが、本作を読んでその戦略的な背景は理解できた。ただしその戦略と行動を感心するかしないかは別だが、そんなに不自然ではない自己正当化に思えた。
・自分はカツマーではないし、そんなに熱心な読者でもないが、本作は最初に立ち読みした時から今までと何かが違う感じがしたし、訴えるものがあったと思う。
まだ1回しか読んでいないが、今後何回も読み返したらその正体が見えてくる気がする。最近読んだ全ての書籍の中でも久々にそのように感じた著作だ。

|

« 『冬の夢』/ フィッツジェラルド作、村上春樹訳 | Main | Wolfram Alpha for iPhoneの感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/47003014

Listed below are links to weblogs that reference 『やればできる』/ 勝間和代:

« 『冬の夢』/ フィッツジェラルド作、村上春樹訳 | Main | Wolfram Alpha for iPhoneの感想 »