« Oasisのカバー曲その2 | Main | 大人のロック 2010冬号 »

Good Evening New York City / Paul McCartney

Paulの最新ライブであるGood Evening New York Cityを聴いての感想。

・Amazonで輸入盤を予約注文して買ったが、2CD+1DVDで1800円という破格の安さで、最初は何かの間違いではと思ったくらいだ。今は発売直後なので2600円くらいになっているが、それでも安い。
・今回は1965年にBeatlesのライブが行われたでシェア・スタジアムの跡地に、今年2009年にできたシティ・フィールドでのライブ盤である。シェア・スタジアムのライブは初めて野球場で行われたと言う事ですっかり伝説になっているが、DVD映像はBeatlesを意識した編集になっている。特にDVDのI'm DownはBeatlesとPaulの今の映像と音声が交互に写しだされておもしろい編集になっている。そしてJohnの切れたようなあの肘でのオルガンの演奏も見れる。
・セットリストはほぼBeatlesの曲+数曲Wingsの曲+最新アルバムの曲が数曲挿入されると言う2002年のライブに近い感じになっている。しかし声の迫力と言うかPaulのボーカルは、今までで最高だと思う2002年にはさすがにかなわないように思い、その点はさすがにPaulでさえ歳を感じてしまった。
・今回の目玉はA Day In The Life / Give Peace A ChanceのJohnの曲だ。Georgeの曲はSomethingと言った王道の曲をやってきたが、さすがにJohnの曲を歌うのにはいろいろ考える事があって今回の選曲なのだろう。また映像で見るとSomethingではGeorgeの写真がバックに流れるが、Give Peace A Chaneの方はJohnの写真は出てこないのも、PaulのJohnに対する照れなのかもしれない。
・音的にはI've Got A Feelingのベースラインがおもしろかった。Paulはベースかギター、どちらを弾いているのかなと思ってDVDを見たらギターだった。今回のライブ盤はCDで音を聞き込んでDVD映像でチェックできるのがいいと思う。
・Paulのライブ盤の映像は今までのものはドキュメンタリー的なものが多く、演奏の途中で観客の映像やインタビューが入ってあまりのめり込めなかったが、今回の映像は演奏中心でその点でもいいと思う。

|

« Oasisのカバー曲その2 | Main | 大人のロック 2010冬号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/46830184

Listed below are links to weblogs that reference Good Evening New York City / Paul McCartney:

« Oasisのカバー曲その2 | Main | 大人のロック 2010冬号 »