« December 2008 | Main | February 2009 »

英単語の覚え方

「米国大統領就任式」は今までニュースでしか見た事はなかったが、今回のオバマ氏の就任式はどのような就任演説が聞けるか興味があり初めて生放送で見た。

ところで同時多発テロの時は"collapse"(崩壊)という英単語を覚えたが、今回は"inauguration"(就任)という英単語を覚えた。
どちらも日本では普段はあまり使われない単語だと思うが、何度も繰り返し出てくるので自然に覚えてしまった。

やっぱり英単語は短期間に何度も繰り返すのが、覚える秘訣のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高槻ハーフマラソン参加

本日開催された高槻シティ国際ハーフマラソン大会に参加。

淀川沿いの堤防をメインに走るのでコースは平坦だったが、堤防沿いは風が強くとても寒かった。また走っている最中は雨は何とか持ちこたえ、着替えて帰る頃に降り出したのが助かった。

今回は17キロまでは遅めのペースで行って最後5キロでスパートする作戦だったが、タイムは前回栗東ハーフの1時間48分と変わらず。

これが今の実力か、それとも安定しているのか。でも疲れは前回ほど無いので少しは慣れてきたのだろうか。

さあ次は3月、いよいよ地元の京都ハーフマラソンだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Max for Live発表

2年前にCycling '74とAbletonのコラボが発表された後、表面上は動きがなかったが、1/15のNAMMでようやくMax for Liveが発表された。

と言っても発売は later this yearでまだ半年以上はありそうだが、予想されたようにLiveのeffectとしてMaxを呼び出せて、かつLiveのUIでControlできるad-on製品のようだ。

価格は未定だが、Liveでは前から要望が多かったと思われるStep SequencerというMaxで作られたデバイスが用意されている等、まさにコラボと言った「いいとこ取り」の製品である。

ということはMaxを使ってどんどんeffectをカスタマイズできると思われ、Liveとして見るとDAWの枠を超えたDAW製品となりそうで今後も要チェックである。

Announcing Max for Live

Extend: Max for Live
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経済物理学と行動経済学

自分は所謂理系だが、最近の金融危機で経済学や金融工学に興味が出てきた事から、冬休みにかけて続けて光文社新書の2冊を読んだ。

行動経済学は合理的に行動する人間を前提(モデル)としている現在の経済学に対して、心理学を取り入れて現実に起きている経済の動きを説明を試みるもので、人間の行動の具体例がたくさん出てきて一般的にはこちらの方が取っつきやすいと思った。

かたや経済物理学は、モデル化して理論を展開する経済学に対して物理学の手法で解析を行うもので、カオスやフラクタル等、理系にとっては興味を引く言葉が出てきて自分に取ってはこちらの方が興味深く読んだ。でも現在の経済学を無意味に攻撃する著者の姿勢にはちょっと引いてしまった。

まあどちらが良いか悪いかという問題ではなく、理系から見ると「理論物理学」と「実験物理学」のようにお互いが補完する関係だと思うが、特に経済物理学は新たな学問の動きを感じた。

それで他に経済物理学の書籍を読みたくなり探した所、少し前の2008/10に出版された「経済物理学」という青山 秀明氏他著の分厚い新刊を見つけた。少し立ち読みしたが、計算式がいきなり出てきてこれはまるで物理学か数学の学術書だ。ということでこちらはまだちょっと手が出ないが、心の準備や余裕が出てきたらいつかは読んでみたい書籍だ。

経済物理学の発見 / 高安 秀樹

行動経済学 経済は「感情」で動いている / 友野 典男

経済物理学 / 青山 秀明、家富 洋、池田 裕一、相馬 亘、藤原 義久

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元旦マラソン

嫁さんの実家の地元でやっている、元旦マラソンに初めて参加。

3.5kmと自分にとっては微妙な長さだが、長男3位、自分6位、次男21位だった。

今年も家族元気で、自分はフルマラソンに挑戦したい。

以上、iPhoneより初めての投稿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »