« 桑田真澄氏トークショー | Main | 初めてのハーフマラソン大会 »

The Who Live in Osaka

11/13に大阪城ホールであった、The Whoの単独では初の来日ライブ初日に行った。以下感想など。

・会場は90%くらいの入りか。会場入り口の横では当日券も売っていて、さすがにWhoは日本ではこの程度の集客力かと少し寂しく感じた。またダフ屋を見かけなかったのは偶然か。
・開始は19:05、終了はちょうど21:00で約2時間のライブ。客層は意外に若い男子が多いように思った。またStonesだと"Stones! Yeah!"というノリだが、Whoの場合は曲に合わせて体を揺すって静かに聞いているというノリだったように思う。
・また自分に取ってはあまり覚えていない曲が2曲ほどあったが、まあいつもの選曲と言った感じ。
・自分の場所はアリーナ29列目の中央から少し右くらい。さすがにドームよりは音は良かった。
・やっぱりオープニングは"I Can't Explain"で、最初からPeteは右腕を振り回すは、Rogerはマイクを振り回すはで、いきなり会場のテンションも上がった。
・ちなみにPeteは曲の照明によってサングラスを着けたりはずしたりだったが、Rogerは着けっぱなしだった。またステージ後ろにはイメージビデオを流す大型スクリーンがあったが、演奏の生映像は流れず残念だった。
・全体的にMCもほとんど無く、淡々とプレイが続けられたと言う感じ。
・"Won't Get Fooled Again"、"My Generation"と定番が続いて開始から1時間半程度でアンコールになったが、アンコールの手拍子も少なくこれで本当に出てきてくれるの?という感じ。大阪の割に観客のノリが悪いかな。
・アンコールはいよいよTommyメドレーで、"See Me Feel Me"は当日のプレイで一番良かったように思う。何か「あ〜これがWoodstockでもやった曲かあ〜。やっと生で聞けた〜」という感傷的な思いだった。
・メンバー紹介はアンコールラス前。やっぱりZak Starkeyの声援が一番大きかった。
・アンコール最後はMagic Busかなと勝手に思い込んでいたが、これも意外にも"Endless Wire"の中の"Tea & Theatre"をPeteのアコギをバックにRogerが歌うと言う二人だけのプレイで、最後にしてはあっけなかった。もう1曲やるのかなという感じで終わった。
・聞けるかなと思って結局聞けなかった曲、聞きたかった曲は"Magic Bus"、"Summertime Blues"、"The Kids Are Alright"、"Substitute"、"Young Man Blues"と言ったところか。
・終わってみて何か物足りないなと思ったのは、"Won't Get Fooled Again"や"See Me Feel Me"でPeteのソロが無かったせいだろうか。ソロを弾く前のカッティングで終わった感じ。またPeteのジャンプも無く、こちらは年齢によるものと思われ少々寂しかった。

全体的に「The Whoをやっと見る事ができた」と言う感慨深い思いと、「全盛期、できればJohnが生きている時に見たかったな」という複雑な思いを感じたLiveだった。

[Set List]
I Can't Explain
The Seeker
Relay
Fragments
Who Are You
Behind Blue Eyes
Real Good Looking Boy
Sister Disco
Baba O'reily
Eminence Front
5:15
Love Reign Over Me
Won't Get Fooled Again
My Generation

(Encore)
Tommy Medley(Pinball Wizard, Amazing Journey, Sparks, See Me Feel Me)
Tea & Theatre

|

« 桑田真澄氏トークショー | Main | 初めてのハーフマラソン大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/43117467

Listed below are links to weblogs that reference The Who Live in Osaka:

« 桑田真澄氏トークショー | Main | 初めてのハーフマラソン大会 »