« August 2008 | Main | October 2008 »

IT史に輝く「すべったテクノロジー」

少し前の記事だが『IT史に輝く「すべったテクノロジー」』というのを見つけた。

22位:Open Doc、20位:Copland、16位:Apple Newton、15位:Palm OS Cobalt、14位:Netscape 6、6位:Fiorina元HP CEO、2位:Windows Vistaと言った具合に、ワースト25位の中にApple製品が多いという感想とFiorinaがテクノロジー?という疑問があるが、読んでいて共感したり懐かしく思ったりと中々おもしろい記事だった。

でもこれを真似して「すべったAV製品:エルカセット、VHD、HD DVD、(あえてβビデオは入れたくない)」「すべった首相:・・・」というシリーズが今後いろいろ出てきそうだ。

IT史に輝く「すべったテクノロジー」ベスト25[前編:25~11位]

IT史に輝く「すべったテクノロジー」ベスト25[後編:10~1位]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一見さん、ミシュランさん、お断り

asahi.comに『「ミシュラン京都版」に壁 「一見さんお断り」の文化』の記事が載っていた。

「京都らしい」「京都も世界に目を向けるべきだ」等など賛否両論だが、一見さんをお断りするような京都の老舗は味だけで勝負しているわけではない。その店の雰囲気、情緒、おもてなし、存在感、他店との差別化など、人間が心地よいと感じる全ての部分に訴えて勝負している。

自分はこれに関しては京都らしいし、そこまでへりくだって店の宣伝をしなくてもいいと思う。そしてこれこそが京都の存在価値だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Richard Wright、死去

Pink FloydのRichard Wright氏が9/15に65歳の若さで癌で亡くなったそうだ。

Richard WriteというとFloydの全盛期はRick Writeと言う名で、MeddleのLPの内スリーブの若々しい写真がすごく印象に残っている。
そして最近ではもう3年前になるが、Live 8での緊張感のあるライブ映像が最後に見た姿となってしまった。

ご冥福をお祈りします。

Floyd founder Wright dies at 65

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『覚悟のすすめ』 金本知憲

阪神タイガースのアニキこと金本知憲選手の新刊。

・もともとびびりの性格だそうで、プロ野球選手になった時は自分でも「この世界でやっていけるのか」と恐ろしくなったそうだが、覚悟を決めて野球に取り組んだとの事。この「覚悟」と言うキーワードが随所に出てきて、これが本書のタイトルにもなっている。
・この手の本にありがちなエピソードや暴露話ではなく、金本選手が何を考えて野球をやっているのかを垣間見る事のできる本である。
・とは言え、なぜ鳥谷選手の怠慢な走塁を名指しで叱ったのか、2004年のタイガースはほとんどの選手が自分を一流と勘違いして危なかった事など、興味のある裏話も知る事ができる。
・一番印象に残ったのは「40歳過ぎると体力は衰えるが、精神力は強化される」という部分である。金本選手が言うと説得力があるし、年を取る事から逃げる事ができない人間全体に対しても元気づけられる言葉である。

素直に良い本に巡り合ったと思う。自分が読んだ後、野球をやっている子供が今は一生懸命読んでいるが、読み終わった後に感想を話しあうのも楽しみである。このように特にスポーツをやっている一家にもお勧めである。

覚悟のすすめ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々に聞いた「必死のパッチ」

阪神の矢野&関本選手が最近よく使い出して「必死のパッチ」という言葉が有名になっている。

おそらく関西弁のはずだが、自分も子供の頃に聞いたきりで最近は関西でもほとんど言う人はいないはずだ。
そんな中で7/22に甲子園に阪神巨人戦を見に行った時のヒーローインタビューで、矢野選手が言ったのが始まりだと思うし、今から思えばその場に立ちあえた事もうれしい。

ちなみに「パッチ」の語源についてはネット上でも話題になっているが、明確な答えは無いみたいだ。

ともあれ野球をやっているわが家の子供達にも、そして自分自身に対しても「必死のパッチで頑張れ」といいたくなる言葉である。また今年の流行語大賞はこれで決まりだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Scratch 1.3リリース

Squeakを更に子供向けプログラミング環境として進化させたScratchの1.3がリリースされた。
今回の強化のポイントは多言語化対応で、日本語2バイト文字が正式対応となった。

早速触って見たがSqueak独自の操作性を抑えていることもあり、これでいいのかなと言うのはあるが、初めて使うには敷居が低くて子供向けとしてはいいのだろうと思う。

そしてサイトに紹介されているProjectも面白いのが多く、これについてはSqueakの物より遊べて学べると思う。

しかしSqueakはさすがに奥が深い。またこのようなプロジェクトが行われて続けられているのも凄い事だと改めて思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SAS 30th LiveをMacでエアチェック

ストリーミング配信される前はMac+radioSHARKでNHKビジネス英語を録音していたが、先日FMでSASの30周年ライブが放送されたので、今回初めてradioSHARKでFMを録音した。

そしてiTunesで曲ごとにちょんぎって、アルバムアートワーク(30th Liveのロゴを借用)をつけて、"SAS 30th Live in Yokohama"の出来上がり。

映像ではなく音だけだと本当に簡単だ。こういうFM Liveをコレクションできるのもいいなと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »