« July 2008 | Main | September 2008 »

App Store ミュージック編

自分が買ったiPhoneミュージックアプリを紹介。

Pianist
シンプルだがちゃんと和音も鳴るし、音もきれい。
レビューでは起動しないとのコメントが多いが、もし起動しなくてもとりあえずはiPhoneを再起動すれば使えるようになる。常にPianistを使っているわけではないので、この現象についてはそんなに目くじらを立てずに使っている。

Oscillator
たまにノイズを聞きたい時に(?)重宝するシンプルなアプリ。夜に一人で聞くと落ち着く。

PaklSound1
はっきりいってあのTENORI-ONだ。TENORI-ONは実機を触った時はそれほど直感的ではなく難しいと感じたが、これは本当に感覚的に使えて見た目も奇麗でおもしろい。
今後TENORI-ONの廉価版が出れば、PaklSound1と廉価版、最上位機(今のTENORI-ON)と棲み分けができてマーケティング的にも面白いと思う。でも廉価版はKaossilatorとバッティングするから出さないかな。

BeatMaker
ちまた、特に海外では大評判で神アプリとさえ呼ばれているサンプラー&シーケンサー。まるでMPCであり音もリアルで多くて良く、iPhoneでここまでできるのは本当に驚きである。2,300円と少し高いがまだ使いこなせていない機能(サンプリング、Macとの同期)もあり、時間をかけて十分楽しめるアプリである。

これらを使っているとiPhoneは単なる電話機やインターネット端末ではなく、どこでもMacという感じだ。iPhoneプラットフォームの可能性を感じる。

なおミュージックではないが、あとは現在開発中のiPhone版Squeakも楽しみである。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

『大人の科学 シンセサイザー・クロニクル』は凄い!

テルミンminiに続き電子楽器が付録の最新号。

・「付録」のアナログシンセがすごい。見かけはチープ(特に裏側を梱包箱の段ボールでフタをするのには泣ける)だが、それなりにしっかりした音が出る。特にリボンコントローラーは懐かしい。そうあのELPの展覧会の絵だ。
・おまけの(?)雑誌の方だがこちらもシンセの歴史から原理、YMOや松武さん、富田さん、シンセメーカーへのインタビュー等、充実した内容である。ページは少ないがこれだけでも読みごたえ、買う価値がある。
・考えてみるとギターやドラムのような楽器は基本的に昔から同じ形状なため、古い写真を見ても白黒写真かプレイしている人の見かけ以外では楽器自体の歴史を感じない。しかしシンセのような電子楽器の場合は、30年以上前にKeith Emersonが使っていた巨大な装置からYMOの頃にはもう少し小さくなり、そして今はKaossilatorやDS-10のように手のひらに乗る小ささになっていくのを見ると本当に歴史や進化を感じてしまう。雑誌の中の特にKeith Emersonがmoogと格闘している写真を見てそう思った。

今までラジオやテルミンなど、音が出る付録がついている大人の科学は買ってきたが、今回の付録が一番のお気に入りである。3000円くらいでここまでできるとは本当に驚きである。
電子的な改造は手が出ないが、雑誌にも載っていたように木の枠をつけてmoogのようなヴィンテージ仕様にしたいと思う。

学研 大人の科学

大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jimmy Page at Olympic Games

北京オリンピックの閉会式にJimmy Pageがleona Lewisと一緒にWhole Lotta Loveをプレイした。途中ではDavid Beckhamも出てきた。

何となく英国だとSir Paul McCartneyかSir Elton Johnが出てきそうだが、"Whole Lotta Love"というタイトルで選ばれたのかな。

YouTubeでも所々削除されていたりと決定的によい品質のVideoは無いようだが、少し落ち着いたら良いのが出てくるかもしれない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

業務連絡:単身赴任終了

3年半近くに及んだ単身赴任も終了し、本日より大阪のオフィスに戻りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iPhone 3Gと1週間

1週間使ってみての感想。

・タッチパネルの指の位置が難しい。何故か隣のボタンを触ってしまう事が多い。タッチパネルの位置決めの微調整ができればいいのだが。
・Safariが一番よく落ちる。何のメッセージも出さず静かに消えるという感じだ。
・最初iCalとカレンダーを同期させた時に、iPhone側の予定がどうしても前日にずれていた。これについては「時間帯サポート」設定の時間帯がCupertinoになっていた(デフォルト?)のが原因で、東京に変更したら直った。
・iPodと違ってスピーカーが付いているので、ちょっとした間に音楽を手軽に聴けて便利。特にTuner Internet Radioでインターネットラジオを聞けるのは予期せぬ曲が手軽に聞けて嬉しい。
・iTunesでは見れるがiPhoneで見れないビデオがある。これはiPhone OS 1.0の時は見れたのに2.0なった途端見れなくなったそうで、日本・USともDiscussion Forumでも大問題になっている。自分の場合はiSquintでビデオに変換しているが、見れないビデオをiTunes上で選択して「iPod/iPhone用に変換」を行うとファイルの拡張子が.mp4から.m4vになって見れるようになった。でもこれについてはデグレードのため、今後のiPhoneのアップデートで解消されるはずだ。
・SoftBankは室内では電波が弱い?

と言うことでMacより難しい部分が多いが、今週は時間があればフルに使っていた。
そしてこの後夏休みが終わるまでは、しばらくはApp Storeウオッチャーになるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »