« Stonesの新作DVD | Main | Paul McCartneyも今後はネットで »

「七時に始まり九時半に終わる披露宴の歌」にはまる

先日の陣内智則&藤原紀香さんの披露宴は途中から観たので巷で話題の「お嫁サンバ」は見れなかったが、一番感動的だったのはやはり陣内氏の「永遠にともに」の弾き語り(最近のノリだけの音楽・ミュージシャンを再考させられる魂の音楽だと思う)と紀香さんの両親への手紙(元気だがすごく美しい「詩」だと思う)だ。

そしてムーディ勝山氏の「七時に始まり九時半に終わる披露宴の歌」もあれから頭にこびりついて離れない。ムーディ勝山氏は今年の正月の「さんまのまんま」で今年ブレイクする芸人のコーナで初めて見てそれから印象には残っていたが、今回の披露宴でのパフォーマンスを見て改めて素晴らしいと思った。というか披露宴のようなまじめな場でも違和感なく存在できる所が凄いと思う。

しかし吉本興業、このような芸人さんがまだまだいっぱいいそうで奥が深い。

|

« Stonesの新作DVD | Main | Paul McCartneyも今後はネットで »

Comments

何とiTunes Storeで歌謡曲としてムーディ勝山-EPが配信されている。
しかも本日付けでアルバムはZARDに次いで第2位、「右から来たものを左に受け流すの歌」は第8位である。
これは凄いかも。

Posted by: brownsugar | 2007.06.06 at 23:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/15304513

Listed below are links to weblogs that reference 「七時に始まり九時半に終わる披露宴の歌」にはまる:

« Stonesの新作DVD | Main | Paul McCartneyも今後はネットで »