« March 2006 | Main | May 2006 »

adidas shopにて

スポーツ用品関連は昔から何となくadidasを買うことが多い。
今まで使っていたadidasのショルダーバックがもうすぐ10年になることや、入れる荷物が多くなり入れにくくなってきたため、とあるadidas shopに行って新しいショルダーバックを買った。

買った後に店の中の椅子に座って古いadidasバックから買ったばかりのadidasバックに荷物を移し替えていたら、後ろから店員さんが来て「ずっとadidasのバックをお使いいただきありがとうございます」と言われた。思いもかけずに後ろから急にそう言われて「いえいえ、どーも」とあまり愛想よくなく答えてしまったけど、なんかadidasを買って良かったなと思った。

BOSEのスピーカを買った時も「BOSEのスピーカをお買いになったあなたは、違いのわかる選ばれた人間です」みたいな言葉とサービスがついていて優越感を感じたものだが、今回のadidasはLouis VuittonやChanelのような大げさな高級なブランドではないと思うのだが、BOSEを買った時のような優越感を感じた。

帰りは雨だったけど、誇らしげにadidasのバックを肩にかけて気持ちよく帰った。
店員さん、気の利いた言葉をありがとう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『夢をかなえる勉強法』

司法試験塾で有名な、伊藤真氏の新刊。

・勉強範囲の全体像を見てからとりかかれというのはよく言われているが、目次をコピーしてこれを見ながら勉強するようにというのはすごく効率重視の方法だと思う。この他にも目から鱗の効率的な方法が書かれていて参考になる。
・スランプになった時こそ合格に近い、高い目標と努力があるからこそスランプになるのだというのも勇気づけられる。
・勉強の仕方だけでなく、息の抜き方や有効な無駄のことも書かれていて幅が広い。
・また勉強の話だけでなく、人生に迷ったらわくわくするほうを選べ等の人生論も書かれている。

ということでよくある小手先の勉強法とは違っていて、なかなか楽しく読ませてもらった。

夢をかなえる勉強法

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Stones in China

Brown Sugar、Honky Tonk Women、Beast of Burden、Let's Spend The Night Together、Rough Justice

性的表現や麻薬に関する表現があるとのことで、中国当局から演奏禁止の指示があった曲だ。
Sir Mick Jagger曰く、400曲ものレパートリーがあるから全く気にしていないとのこと。
Sirになっても言う時は言うね。かっこいい。

Stones rock full house in China
Toned-down Rolling Stones rock China

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TITLE 2006/05

この雑誌は今回初めて買った。特集は「ロックで旅するイギリス」である。

・今回買うきっかけになったのは、Londonを中心としたRockに関する足跡ガイドである。世界一有名な横断歩道であるAbbey Roadを始め、Londonの武道館?であるRoyal Albert Hall等の写真と地図が載っている。10年程前にLondonに行った時にやはり訪れた所も多く、懐かしい。
・Stones関係は、Between The Buttonsのジャケット写真の公園であるPrimrose Hill (HillというのがUKっぽい)やBill Wymanの経営しているお店であるSticky Fingersが載っている。Sticky Fingersは行った事があるが、Londonなのに(?) American Cafeで、ハンバーガのアメリカンチックな凄い量にびっくりして食べたのを思い出す。
・Marc Bolanがmini Cooperに乗っていて樹木に激突死した場所であるQueens Ride Bridgeの樹木の写真も載っている。初めて見たが樹木の前に立派な銅像が建っているのにはびっくりした。LondonからHeathrow空港に向かう途中方面にあるようだが、地名が何となく彼に会っている感じがする。でもMarkはここで死んで樹木はここで生き続けているのも何か皮肉だ。
・David BowieのZiggy Stardustのジャケットが撮られたのはPiccadilly Circus裏のHeddon Streetという所らしい、セットで撮られたものだとずっと思っていたが、実在する場所だというのを今回初めて知った。
・Pink FloydのAnimalsのジャケットの発電所であるBattersea Power Stationは、20年以上前に停止になったが不気味に残っているようだ。なんでもアミューズメントパークへ再開発するそうな。時の流れを感じる。

雑誌でたまにこの手の特集があるが、今回のものはLondon、そしてRockの匂いが強烈に感じられるのが気に入っている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2006 | Main | May 2006 »