« Stones Superbowl Halftime Show | Main | 『山崎拓巳の道は開ける』 »

Guitar magagine 2006/03

今月号の表紙と特集はギタリストとしてのPaul McCartney、そしてもう一つの特集がBrian Jonesである。

・Stonesの記事はもちろん多いがBrianの記事は本当に珍しい。今回の記事では初めてみる写真もいくつかある。
・BrianのトレードマークであるVOX Mark IIIは今はNew YorkのHard Rock Cafeに保管されているそうだ。改めてみると本当に格好良いギターだ。また復刻版でないかな。
・Brianのギタープレイ譜が雑誌の載るのも珍しい。またBrian's Music Best 20を見て改めて聞き直してしまった。例えば"I'm A King Bee"の間奏や"Last Time"のKeithとの絡みは本当にいいなあ。
・Brianの伝記映画"Stoned"も今夏日本で公開されるらしい。こちらも楽しみ。

Stones来日まであと一月、これからStonesの記事が増えるだろうが、今回の記事は改めてBrianの魅力に迫る良い記事だ。

|

« Stones Superbowl Halftime Show | Main | 『山崎拓巳の道は開ける』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/8733304

Listed below are links to weblogs that reference Guitar magagine 2006/03:

« Stones Superbowl Halftime Show | Main | 『山崎拓巳の道は開ける』 »