« 『ひととき』の大阪万博記事 | Main | 『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』 »

島倉千代子さんに会った

昨日の東京出張の帰りに少し時間があったので、丸の内の丸善本店に行ったら何と島倉千代子さんが自著出版記念のサイン会をしていた。

島倉さんというと、このblogのタイトルでもある「人生いろいろ」が有名だが、自分にとっては「愛のさざなみ」が一番好きな曲である。

"死んでしまおうなんて悩んだりしたわ。バラもコスモスたちも枯れておしまいと"(人生いろいろ)

"この世に神様が本当にいるなら、あなたに抱かれて私は死にたい"(愛のさざなみ)

どちらの詞も女王様のような高貴な立場から見下ろしているが、その裏腹に死を意識しながら生きているという危なっかしさも潜んでいる。改めて見るとこの2つの詞には共通点があることがわかる。
作詞者は両方で違うが、島倉さんのイメージを見事に捉えた詞だと思う。

ところでサイン会の参加者はやはり中年女性がほとんどで、ついでにという感じで携帯で写真を撮っている通りすがりの人もいたが、自分は携帯で写真を撮るのは失礼と思いこの目にしっかり焼き付けてきた。

島倉さんとはもちろん初めて会ったが、TVで見るとおりの感じで、しかしいかにも芸能人といった化粧の濃さもなく、薄化粧で着物を着ていて、すごく「品が良くてかっこいいおばさん」という印象だった。

今週は体力的・精神的にも厳しい東京出張だったが、最後に島倉さんに会えて本当によかった。今でも少し興奮気味だ。

|

« 『ひととき』の大阪万博記事 | Main | 『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』 »

Comments

最近TVで、僕もみましたよ。なんだか、変わったんだかそのままののだか、わからない感じでしたね。なにせ、なが~い人だから。母親が、美空ひばりとか島倉千代子って口ずさんでいたし、いい加減の年になってる僕でさえ、子供の頃からいたような気もするし、頑張ってますよねぇ、偉いよね。もっとも、かなり早いうちから、僕の場合、洋楽ポピュラー、ロック、ジャズで、そしてストーンズですから、島倉さんも、そんなにも年齢じゃないのかなぁ。ストーンズのドーム公演行きましたよ、中学生のギター狂いの息子と一緒に。では、またきますね。

Posted by: hiromirror | 2005.03.05 at 12:11

先日知り合いの人と"愛のさざなみ"について話した。

その人は小学校の頃に"愛のさざなみ"を聞いて初めて"死"というものを意識したらしい。

自分は"愛のさざなみ"が直接のきっかけではないが、小学1年生くらいの時に「死ぬのが怖い」と急に考え出して、夜中に泣いていた記憶がある。

生まれた子供でさえもそこから死に向かって生きていくという現実。

....やれやれ。僕は死に向かってこれからどうやって生きていこうか。

Posted by: brownsugar | 2005.03.12 at 11:38

人生いろいろ:作詞 中山大三郎、作曲 浜口庫之助

愛のさざなみ:作詞 なかにし礼、作曲 浜口庫之助

.....中山大三郎氏死去。ご冥福をお祈りしたい。

Posted by: brownsugar | 2005.04.09 at 09:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/3178575

Listed below are links to weblogs that reference 島倉千代子さんに会った:

« 『ひととき』の大阪万博記事 | Main | 『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』 »