« 日経ビジネス 2005/1/24号 中村修二氏の記事 | Main | 『人生が変わる「朝5分」速読勉強法』 »

レコード・コレクターズ 2002年5月号 Marianne Faithfull

年月間違いではなく、先日古本屋に行った際に見つけた2002年5月号だ。
特集はレココレ20周年記念ということで、「ロック・ニュー・スタンダード200」というロックの定番アルバムの紹介だが、他にMarianne Faithfullの特集があったので、こちらを目的に買う。

MarianneといえばStonesに興味を持ち始めた頃に「Mickの元恋人」「Marianneの気を引くためにAs Tears Go Byを作って贈った」という話を聞いてその存在だけは知っていた。
そして怪しげなモノクロブートビデオで見た"Rock And Roll Circus"のMarianneの映像を見て、その美しさとStonesとの関係に違和感を持ったものだ。
実は曲自体は"As Tears Go By","Something Better","Sister Morphine"といったStonesつながりの物しか知らないのだが、最近出たRock And Roll CircusのDVDを見て、その人物像に興味が出てのでレココレを買った。

記事によると、上流階級出身でお嬢様のため最初はアイドルとして売り出されたが、18才で結婚&出産(その子は2005年でなんと40歳だ)。そしてMickとの不倫、Mickの子供を妊娠・流産、Keithの家でドラッグ所持で逮捕。その後Stonesとの関係を絶つも、酒&ドラッグで容姿や声も激変。そして80年代から徐々に復活し現在に至る.....
ということでまさに波乱の人生を送ってきた人というのが改めてわかった。

しかし自分の中ではモノクロで見た"Rock And Roll Circus"の"Something Better"が一番印象に残っている。それは美しくもあり哀しくもあり、これ以上人物像を探るのはやめようと思った。
やはり純粋に彼女の音楽を聴こう。

|

« 日経ビジネス 2005/1/24号 中村修二氏の記事 | Main | 『人生が変わる「朝5分」速読勉強法』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/2769634

Listed below are links to weblogs that reference レコード・コレクターズ 2002年5月号 Marianne Faithfull:

« 日経ビジネス 2005/1/24号 中村修二氏の記事 | Main | 『人生が変わる「朝5分」速読勉強法』 »