« マインドマップ+Macで「超」発想 | Main | 『他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい』 »

Player 2005年2月号

年末でいつもより早く発売されていたので購入。

今月号の特集は何と「1968 The Rolling Stones」ということで、表紙もRock And Roll Circusのモノクロ写真である。
Rock And Roll Circusの記事の方は、わかりにくい文章の日本語訳でさらにわかりにくいが、以下の感じ。
・アラン・クレイン曰く「Lennonは密かにStonesのメンバーになりたがってた。MickがBeatlesになりたがっていたように」(う〜ん、真実味がある)
・Marianne Faithfullも「StonesがBrianと演奏するのもこれが最後だとみんな気付いていたみたい」と述べている(DVDでPete Townshendも同じことを言っていた)
・Stonesの演奏がイマイチだったのは、他のアーチストを含む全てのシーンに気を配る必要が合ったため、演奏の前に疲れ果ててしまったというやむにやまれぬ事情があったからだ。
あとはBeggards Banquet作成の裏側の記事が載っている。

その他には新作の全曲に対するU2自身コメントやKeith Moonの記事、"50 Greatest Rock'n' Roll Photography"という折り込み小雑誌(写真集)など、年始号ということで盛りだくさんである。

さらに2004 Player Reader's Pollという読者の人気投票の発表があるが、Best Artist & AlbumがAerosmith、Most Unforgettable Affairが「Van Halen再始動、The Who初来日、いかりや長介死去」など、Best VocalがSteven Tyler、Best KeyboardistがJohn Load、と言った感じで何か昔のMusic Lifeの人気投票を見ているようだ(笑)。

|

« マインドマップ+Macで「超」発想 | Main | 『他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/943/2395115

Listed below are links to weblogs that reference Player 2005年2月号:

« マインドマップ+Macで「超」発想 | Main | 『他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい』 »