Nike Runningアプリがおかしい

ジョギングの記録用に、Nike iPodセンサーから始まり、その後はiPhoneでRunningアプリを9年間使ってきた。

このアプリは今はNike Run Clubというアプリに変わっているが、その前にNike+のWebサイトのデザインが変わってからなんか使いづらくなり、このパターンだとアプリもすぐにアップデートするのは怖いということで、アップデートをずっと見送ってきた。そしてApp Storeの評判を見ると使いづらいだの動かないだの機能的にデグレードしているなど最低の評価がついており、やっぱり思った通りの状況になっていた。

そしてアプリのアップデートを見送ったままずっと使っていたのだが、先日の木津川マラソンの記録が1週間後にアプリで見ると消えていることに気づいた。よりによってフルマラソンの記録が消えるなんてとショックが大きかったが、その後Nike+のサイトで見ると木津川マラソンの記録はちゃんと残っていて安心した。またその後に走った普段のハーフの記録はちゃんとアプリで表示されている。

ということでNikeのサーバとアプリの組み合わせの問題のようだが、それにしてもアプリ側は何も変えていないのにデータが表示されないなんて、Nikeのシステムの信頼性、運用、バグ対応のひどさに本当にあきれる。大企業がこんなサービスを提供しているようでは集団訴訟ものではないか。それともデータが消えることがあるが、そこまで完璧な保証はしないと利用規約にこっそり書いてあるのかな。

この後も我慢強く様子を見ていきたいが、あまりにもひどいようだと他に乗り換えることも考えないといけない。でも今まで走った11,000kmの記録を簡単に捨てることもできないしで、いつ踏ん切るかが難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木津川マラソン 2017

blogへのアップが遅くなったが、2/5に木津川マラソンを走ってきた。

・最近は京都マラソンの抽選にはずれたらこっちを走るという感じで、2年ぶり4回目の木津川マラソン。
・木津川マラソンは時期的、場所的にも元々寒い大会で、さらに今年は朝から雨だったので、今回はシャツを着込んでウインドブレーカーの上着も着て、そしてカッパをつけてカイロを前後ろにつけるという完全な防雨、防寒態勢で臨んだ。雨は昼前にはやんだこともあり、思ったほど寒くも無く、体は少し汗ばんだりしていた(ただし手と足は濡れて冷たいまま)。
・ランナーは水たまりを左右によけながら走るという感じで、スピードも出ず余計な体力も使い、ペースは上がらず6分/kmで走る続ける。そのため中間点は2:06’と少し遅いペースで通過。
・ここ5年ぐらいは後半に失速してばっかりだったので、この4ヶ月は土曜は31km、日曜は21kmと30km走を取り入れて走り込んでいた。そのためか32kmを超えても失速は免れそうな気がしていた。
・とはいえやっぱり失速するのが怖くてペースは上がらず。でもおかげで久しぶりに失速することも無く最後まで走りきり4:25’でゴール。
・タイム的にはたいしたことはないが、今回は失速しなかったことが自分にとっては非常に大きく満足している。今までの普段の練習は長くてもハーフの距離だけだったので、やっぱり30km走を取り入れたのが非常に大きかったと思う。これで長距離を走れる足は復活してきたと思うので、今後も週1回は30kmを走って、次(10月の淀川市民マラソンを予定)こそはタイムの向上、サブフォー復活を狙いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪・淀川市民マラソン 2016

今年で第20回の淀川マラソン。数えてみたら自分はいつの間にか8回連続で参加している。

・現地に着いた頃は晴れていたので薄着でいいかなと思ったが、スタート前に少し雲行きが怪しくなってきたので、念のため長袖&長パンツで走った。これが正解で、スタート後はこの季節にしては意外に寒く、枚方あたりでは少し雨がパラっときたりした。
・最近のマラソンは後半で大失速するパターンばかりだったため、今回は1月前から週1回30kmを走るようにしていた。30kmを5本走っていたので、今回は最後まで普通に走れるかなと思いネガティブスプリットで行くことにした。
・前半は6分/kmのペースを守り、中間点は2:06’で通過した。しかし33km地点からやっぱり急に足が動かなくなり、結局大失速。
・40km地点で向こうからゲストの高橋尚子さんが走って来たので、今年もハイタッチでき、それで元気をもらう。
・その後最後の力を振り絞って走ったが、途中の大失速のせいで結局4:37’でゴールとなった。

ハーフはまだ速く走れるがフルで走る足が復活していない。その後も週1回30kmを走っており、次回の木津川マラソン(3ヵ月後)で何とか普通に走れるようリベンジしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Rolling Stones In Mono

デッカ時代のStonesのモノラルボックス盤を聞いた。

・FirstからDecember’s Childrenまでは、元々モノだったので今回もあまり代わり映えはしない。でも新モノミックスで中域の音が強調されて聴きやすい音になった気がする。
・目玉はAftermathからのステレオ盤がモノだとどうなっているかだった。特にAftermathはLP時代から中途半端なステレオミックス(左右端っこの方でチョロチョロとなっている感じ)しか聞いたことがなかったので、今回一番期待していたがやっぱりAftermathモノが一番良い。特にドラムとベースのリズム隊の音が素晴らしい。そしてI’m Going Homeはやっとその素晴らしさがわかった感じ。
・そしてBeggar’s Banquetのモノは、リードギターの音がステレオ盤より少し奥まった聞こえにくいミックスになっているのが気になるが、モノの方が元々目指していた音なのかもしれない。

今月号のレコード・コレクターズはこのRolling Stones In Monoの特集で、モノとステレオの違いが事細かに分析された記事が載っていることを期待していたが、そこまでの記事はなかった。ミックス違いを楽しむよりもこの時代のモノの音の聴きやすさを楽しむものなのかもしれない。

The Beatlesのモノ盤も素晴らしかったが、このStonesのモノ盤も素晴らしい。この時代のアルバムだと、ステレオよりもあえてモノで他のアーチストのものも聞きたくなった。次はThe Whoを聞いてみようかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ストーンズのニューアルバムが今年出るらしい

The Rolling Stonesのニューアルバムが今年中に出るらしい。
最近はベスト盤やライブ盤、昔のライブ映像のリリースばかりだったが、スタジオ盤は”A Bigger Bang”以来11年ぶりとのこと。

ニューアルバムはもう出ないと思っていたのでこれは驚き。ここ数年は世界中でライブツアーをやっていたので、その勢いでレコーディングしたということかも。
そしてニューアルバムをひっさげてまたツアーが続くという感じになるのかな。

まだまだ転がり続けるバンドである。


日経新聞: ローリング・ストーンズ、11年ぶり新アルバム発売へ

BBC News: Rolling Stones confirm new blues-inspired album for 2016

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MacBook Proメモリ増設

ここ4年間はMacBook Pro (13-inch, Late 2011)を使っているが、OS Xのバージョンアップに伴い画面切り替えの引っかかりやレインボーカーソルが出ることが多くなっていた。特にEl Capitanの日本語入力のライブ変換関連でよく起きる感じだった。

ということで今更だが標準のメモリ4GBを8GBに増設した。そうすると全体的に動作が機敏になって大幅に快適になった。これならもっと早くに増設しておけばよかったと後悔。

ちなみに前に使っていたiBookは7年間使ってHDDとDVDドライブが壊れて、アプリもPPC非対応が多くなり買い換えた次第。

MacBook ProもHDD搭載だが、HDDさえ大丈夫ならあと3年くらいは余裕で使えそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apple MusicでThe Beatles Anthology配信開始

Apple Musicで遅ればせながらThe BeatlesのAnthologyシリーズも配信開始となった。

あとはオリジナルアルバムのモノ盤の配信に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TOEIC公式問題集(新形式問題対応編)をやってみた

どうせ受験するなら早い目に新形式に慣れようということで5/29の試験に申し込んだ。
今回は短期集中で勉強すべく、本家の公式問題集を集中的に使うことにした。問題集を2回繰り返して解いての感想など。

・Part 1&2は問題数が減ったので、あっという間に終わった。難易度は変わらず。
・Part 3の新形式である3人での会話は読めば簡単だが聞くと慣れていないのでパニクってしまう。3人の会話は1問しか出ないが3人が話す順番もいろいろあるので、これは早く慣れるしかないと思う。
・また図入りの問題も図を見ているうちに会話が終わって、どこで図の話が出てくるか聞き逃しやすい。これも慣れるしかないだろう。
・Part 3は問題数が増えて結構疲れた。Part 4はPart 3と同じ感じ。
・Part 5も問題数が減ったのであっという間に終わった。難易度は変わらず。
・Part 6は問題が4問増えて、更には単語ではなく文章を選択するパターンが新しく出てきたので、今までのように空欄の部分だけ読んで解くというのができず、問題文を全部読まないといけなくなった。これも負荷が高い。
・Part 7は3文書を解くパターンが新しく出てきたが、これだけでなく全体的に読む分量が増えたので負荷が高く非常に疲れる。

全体的に今までのようなTOEIC特有のテクニックで解くというのは難しく、本当に実力をつけないと解けない感じになった。でも内容(文章)は実践的になって面白くなったとは思う。
試験まであと2か月弱、集中して頑張ろうと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

“George Fest”がお気に入り

George Harrisonのトリビュート盤である”George Fest”が最近のお気に入りだ。

Georgeの息子のDhaniが企画したライブだそうだが、追悼ライブ盤と比べて当たり前だがやはり明るく、Georgeの曲の良さを改めて感じる聴きやすいライブとなっている。

その中でもDhaniが歌う”Savoy Truffle”が結構好きだ。Georgeはこの曲はライブでは演奏したことがないと思うが、声がそっくりでまるでGeorgeが歌っているみたいだ。ちなみに追悼ライブの時よりも今の方が顔もGeorgeに似てきた気がする。

そしてBrian Wilsonも参加して”My Sweet Load”を歌っているのは驚き。BrianはPaulのイメージがあったので。

Georgeが亡くなって今年の秋で15年。”All Things Must Pass”



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Stonesの公式アプリはいまいち

StonesのiOS版公式アプリが変更になった。

しかし画面がiPhoneサイズで、iPadで見ると画面が小さいままだし大きくすると画質が悪いし、更にコンテンツも少ないため何か寂しい感じのいまいちな状態になっている。
ちなみに前のアプリは今でもコンテンツが更新されているし機能的にも使えるが、新規ダウンロードはできなくなっている。

新公式アプリもそのうちiPadにネイティブ対応されてコンテンツも充実してくるだろうが、今は暖かく(?)見守るしかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«京都マラソン2016